50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

50代の転職は5つのSTEP

 転職のやり方に個人差はあれど、基本やルールというものは、確かに存在しています。それらは、さらに年齢別に分類することもできるでしょう。ここで紹介するのは、50歳の転職希望者が知っておくべき転職活動の基本やルールです。それを活かすも殺すもあなた次第なのかもしれません。

転職準備の基本とルール

 転職準備の基本を知っていますか?それは、「迷いを払拭すること」です。自己分析も目標や計画を作っておくことも、全ては迷いを消す作業。ルールとしての注意点を挙げるならば、それが年相応であることと、自分だけの思い込みではなく、転職市場で通用するものであることです。

【参考記事】
企業研究の方法とチェックポイントを知ろう
転職率を落とさないために知っておきたいこと
転職の期間が延びてしまいそうな人へのアドバイス
50代の転職に必要な期間
健康を害する生活と健康に役立つ情報

求人情報収集にも存在する基本

 求人情報収集の基本は、転職ツールを上手に使うこと。ただ使うのではなく、「使いこなすこと」がポイントとなるでしょう。50歳は年齢がネックな分、応募に必須な実務経験や資格などは備えていることが多い。こうした部分に的を絞り、求人情報を調べていくといいでしょう。

【参考記事】
柔軟であらゆる事態に対応しながら行いたい仕事探し
いろいろな求人情報媒体があることを知らなければなりません
転職サイトの求人票に潜む注意ポイント

事前確認で知っておきたい応募書類のルール

 履歴書と職務経歴書に存在するルールから外れ過ぎていると、それだけで面接には至らずに終了してしまうでしょう。50歳がスルーしがちな応募書類の基本やルールもあるので、「知らなかったから落とされた」なんてことがないよう、事前確認だけは怠らずに行っておいてください。

【参考記事】
履歴書書き方の気にしたいポイントと注意点
自己PRはテーマを絞って伝えましょう。
封筒と添え状にフォーカスした応募書類を送る時の注意点

就活の気持ちで挑みたい面接

 面接には、面接に適したルールが存在。これが意外とややこしい。ノックの回数、お辞儀の方法など細かいことを挙げればキリがありませんが、それが自然にできてこそ、職歴などのアピールが活きてくるのです。就職活動のような気持ちで面接の対策をしておいた方がいいのかもしれません。

【参考記事】
話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー
よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう
入室と退室の流れと要注意のポイント

退職時の基本やルールは?

 事前相談、充分、且つ丁寧な引き継ぎや挨拶、その他、とにかくミスやトラブルを回避する意識を強く持つこと。これが退職する際に気にし、実践したい基本とルール。これだけ気を付けておけば、まず円満退職にならないなんてことはありません。

【参考記事】
退社の手続きのスタートから受け取っておくべき書類まで
これを押さえておくだけで印象の良い退社の挨拶になるでしょう
入社の挨拶で重要なのは意外なところ?

公開日:
最終更新日:2015/12/15