50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

50代の転職に必要な期間

      2015/12/15

50代での転職

 近年は、40代以降のミドル世代の求人も増えてきています。ですが、50代以降になると、希望の転職を果たすためのハードルがあがってしまうのも事実です。50代の転職でネックになるのは、自己評価と応募企業の評価がミスマッチを起こすことです。特にキャリアチェンジ転職の場合、それまでの経験がどのように生かせるのかを、具体的に明示できなければ、企業は採用メリットを感じません。

 また、年齢が高ければその分、年収も高くなる傾向が高いですから、自分が求める給与に見合う、どんな成果が望めるのかも、しっかりプレゼンテーションできることが前提です。希望する業界や職種の状況はもちろん、自分の市場価値についてもしっかりリサーチしたうえで、転職活動をスタートするようにしましょう。

目安として考えたい期間とは

 20~30代であれば、求人探しから内定を得るまでの平均期間は、1~3カ月と言われています。ですが、40~50代になると、その期間は3カ月から半年に延びます。これは、企業はミドル世代を中途採用するにあたり、相応のキャリアと実績を求める傾向が強く、対する応募者も給与交渉などを行うことが多いので、条件面で折り合うまでに時間がかかるなどの理由によります。

 また、50代ともなれば、会社で重責を担っていることが多く、転職先が決まったからと言って、簡単に退職できないという事情も絡みます。転職活動をスタートするにあたっては、現在の勤務先の退職スケジュールを念頭に置き、繁忙期や決算期などに退職時期が重ならないよう配慮することも大事です。

 そうした心配りが、円満退職につながるからです。自分の都合だけでなく、勤務先の状況も考慮しましょう。

【関連記事】
企業研究の方法とチェックポイントを知ろう
転職率を落とさないために知っておきたいこと
転職の期間が延びてしまいそうな人へのアドバイス
健康を害する生活と健康に役立つ情報

 - 転職の準備

  関連記事

転職率を落とさないために知っておきたいこと

転職率が落ちてしまいそうな人とは?  世間で言われている50代の転職率。確かに気 …

健康を害する生活と健康に役立つ情報

健康の敵となる生活とは?  健康になるために、健康的な生活をする。これは当たり前 …

転職の期間が延びてしまいそうな人へのアドバイス

ダラダラしていれば転職期間が延びるのは当たり前  あてもなく求人を眺めている人は …

企業研究の方法とチェックポイントを知ろう

情報収集ルートを把握して確かな企業研究を  企業研究は、どこから情報を獲得するか …