50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

50代で転職することのデメリットとは

   

本人の希望と転職市場価値が合致しにくい

 転職を考える50代のほとんどは、自分が転職先企業に求める確固たる希望があるのですが、ご本人の転職市場価値がその会社が求める人材の価値に合致していないと、転職活動期間は長期におよぶ場合があります。「転職市場価値」イコール「今の本人の年収」ではなく、転職エージェントなどでシビアな転職市場価値を査定してもらうことによって今の自分が内定をもらえそうな会社の見当をつけることができます。

 ハローワーク等で検索して応募しても“はたしてその会社が欲しがる人材と自分の転職市場価値が合致しているのかどうか?”・・・「分かりにくい」ことを考えると、転職エージェントのサービスが利用できるなら利用したほうが得です。

そもそも50代を雇いたいという求人が少ない

 転職市場は大体35歳くらいまでの男女を募集することが多いです。50代以上になると求人企業はあるのですが、少ない枠に大勢の中高年が殺到しています。買い手市場であり、超激戦であることを覚悟する必要があります。採用のレベルは当然高く、採用担当に対して、“自分を雇えば会社に何年以内にこれだけの利益をもたらすことができる!”と宣言できるような意欲的な人材でなければ勝ち抜くのは大変でしょう。

 なるべく早く内定したいと思うのなら、毎週ノルマを自分で設定して、応募する会社の数を増やさなければいけませんし、若い人たちよりも転職活動期間も長いし、費用もかかります。ハローワーク求人窓口には中高年が殺到するので、混雑する職安で過ごす時間も長くなるでしょう。

年収ダウンすることが多い

 50代で転職をして年収アップをはかろうとすれば、それなりの人材でなければ難しいことを肝に銘じておく必要があります。専門職としての長い豊富な実務経験とか、高いスキルや難しい資格、それから管理職としての能力・・・などが備わったホワイトカラーのエグゼグティブであれば、転職エージェントからスマートな転職が可能でしょう。

 しかし前職が大企業であったとしても、そこそこの仕事しかこなしてこなかった50代であれば転職することで年収が2~3割ダウンする可能性もあります。

 - 転職のメリット・デメリット

  関連記事

no image
50代で転職を思案しているならこれだけは考えてから

人間関係から逃げるだけの転職は失敗する  職場の人間関係にストレスを感じるあまり …

no image
50代で転職することのメリットとは

人間関係をリセットできる  大手の転職エージェント等が何度かアンケート調査を行っ …

xf0635088690l
転職のデメリットも十分把握しておこう

本人の希望と転職市場価値が合致しにくい  転職を考える50代のほとんどは、自分が …

af9920069084l
50代で転職するメリットとはある?

人間関係をリセットできる  大手の転職エージェント等が何度かアンケート調査を行っ …

af9920061463l
転職を決める前に考えるべき事項

人間関係から逃げるだけの転職は失敗する  職場の人間関係にストレスを感じるあまり …