50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

転職の期間が延びてしまいそうな人へのアドバイス

      2015/12/15

ダラダラしていれば転職期間が延びるのは当たり前

 あてもなく求人を眺めている人は、ただただ時間が過ぎていくだけ。「転職したいな」と思ってから、実際に転職できるまでには相当の期間が必要となるでしょう。ダラダラとした仕事探しは、当然転職期間の延長に直結します。

 しかし、そうした仕事の探し方をする人は結構多い。特に50代。転職に踏み切れない、決断が遅い、こうしたことが背景にあるのかもしれませんが、もし転職期間を気にするのであれば、スパッ!と決めて、どんどん積極的に動くようにしましょう。

 一度決めた条件や希望を頑に譲ろうとしない人も、転職期間が延びてしまいがち。こうした人も傍から見れば、ダラダラとした転職活動にしか映らないのかもしれません。

予定の転職期間を過ぎてしまった時に考えるべきこと

 転職活動を始める時には、スケジュールなどの計画を立てると思います。この時に、転職期間をあらかじめ定めておく人も多いでしょう。どのくらいの期間を目標として掲げるのかは千差万別。大事なのはそこではなく、仮に、自分が計画した活動期間を過ぎてしまった時の考え方です。

 早めに計画を見直しましょう。ズルズルとそのまま仕事探しを続けても上手くいかないかもしれません。改めて活動期間を設定し、そこに至るまでの計画も見直した方が効率良く進むと考えられます。

 最終目標や求人情報の集め方にも見直す余地があるかもしれません。そうした対応をしていくことによって、活動期間を短くできる可能性が生まれてきます。

【関連記事】
企業研究の方法とチェックポイントを知ろう
転職率を落とさないために知っておきたいこと
50代の転職に必要な期間
健康を害する生活と健康に役立つ情報

 - 転職の準備

  関連記事

企業研究の方法とチェックポイントを知ろう

情報収集ルートを把握して確かな企業研究を  企業研究は、どこから情報を獲得するか …

健康を害する生活と健康に役立つ情報

健康の敵となる生活とは?  健康になるために、健康的な生活をする。これは当たり前 …

転職率を落とさないために知っておきたいこと

転職率が落ちてしまいそうな人とは?  世間で言われている50代の転職率。確かに気 …

50代の転職に必要な期間

50代での転職  近年は、40代以降のミドル世代の求人も増えてきています。ですが …