50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー

   

質問の内容をよく聞き、適切に答えることこそ一番気にしたいマナー

 面接でのマナー違反と言われる行為は幾つもありますが、「会話が成り立たないこと」ほど、相手を不快にさせる行為はないのではないでしょうか。そういった意味では、これが最大のマナー違反と言っても過言ではないのかもしれません。

 会話が成立しない人は、そもそも人の話をよく聞いていない。質問の意図を汲み取る以前の問題でしょう。あるいは、面接対策として、よくある質問の答えをキッチリと用意し過ぎたために、それを伝えることにしか頭が回らず、会話が成立しない事態に陥ってしまう人もいるかもしれません。

 いずれにしても、これはマナー違反。必ず質問の内容をよく聞き、適切に答えることを心がけましょう。

年齢ではなく立場を意識したマナーを

 50代の転職者の少し難しいところというか、ややこしいところに、面接官との年齢の差があります。面接を受けた時、目の前に座っている人が自分よりも明らかに年下であるケースは決して珍しくはないでしょう。

 そんな時に、少しでも言葉遣いが年下に向けたものになってしまったら、それはもう悪質なマナー違反。言葉を発しなくても、頷く仕草であったり座っている時の姿勢であったり、これにも油断が出てしまえばマナー違反となってしまいます。

 年齢ではなく、相手と自分の立場を弁えて面接をこなしていくことこそ、マナー違反を回避するための意識となるのかもしれません。

【関連記事】
よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう
入室と退室の流れと要注意のポイント

 - 面接に備える

  関連記事

よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう

現状と今後の予定  「現在の状況を教えていただけますか」という質問は、恐らく面接 …

入室と退室の流れと要注意のポイント

部屋に入る時の流れとマナーを要確認  面接が行われる部屋に入る時と出る時の流れを …