50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

自己PRはテーマを絞って伝えましょう。

   

何についての自己PRなのかを絞りつつ明示

 職務経歴書等に自己PRを書く前に、何についての自己PRを書くのかをまとめなければなりません。メンタルのアピールなのか、過去の実績のアピールなのか、知識に関するアピールなのか、こうしたことを前もって絞っておかないと、相手にも全く伝わらないでしょう。

 大まかな絞り方ではなく、できれば細かなテーマを作り、それを2つ3つ記載するといった形の方が伝わりやすくなるかもしれません。過去の実績とは言っても、プロジェクトの駒としての実績なのか、あるいはリーダーとしての実績なのかによっても変わってきます。個人的な実績とチームの実績とでも、大分内容は変わってくるでしょう。

 自己PRは狭く、それを深く伝えることを考えるべきです。

どうしてその自己PRにしたのかを記載

 自己PRのテーマを絞ったら、今度は、そのテーマに絞った理由を考えてみましょう。そして、その理由も一緒に記載しておきます。

 幾つもの過去の実績からどうしてそれをチョイスしたのか、それは、職務経歴書を見てもらう企業が求めているものだと感じたから。こうした理由が一般的ですが、さらに具体的に、その企業が何を求めていて、どの部分に合致したのかまで言及しておくと、自己PRとしてパーフェクトなものへと近づいていくでしょう。

 こう見ていくと、自己PRというのはとても深く、簡単に書けるものではないことがわかります。だからこそ、一生懸命考えて書く価値が出てくるのです。

【関連記事】
履歴書書き方の気にしたいポイントと注意点
封筒と添え状にフォーカスした応募書類を送る時の注意点

 - 応募書類の作成

  関連記事

封筒と添え状にフォーカスした応募書類を送る時の注意点

実は非常に細かい封筒の宛名の書き方  応募書類を送る時の注意点は、まず封筒にあり …

履歴書書き方の気にしたいポイントと注意点

履歴書書き方のちょっとしたポイント  履歴書の印鑑は、最初に押しておきましょう。 …

退社の手続きのスタートから受け取っておくべき書類まで

会社を辞めるための相談から始まる退社の手続き  退社というのは、多くの手続きとは …