50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

円満退職をするには

   

 会社側が退職をして困ると思うのはそうして抜けることでその抜けた穴を埋めなければいけないというところです。逆に言えばだからこそ自分が退職前に行動してその抜けた穴の影響を出さなければいいということになります。もちろん1人の戦力となる人間が抜ける以上は影響が出るのは避けられませんが、その後の運営に支障が出なければ会社側としても気にしないですむようになります。

 当然のことながらその影響が出ないように行動すべきことというのは、自分が抜けた後のしていた仕事を他の誰かがしっかりと引き継いでくれることです。そうすれば自分が抜けた後でもその引き継いだ人間がこなしていけば会社の仕事も安定させることができます。

振り返って引継ぎですべきことを考える

 まず引き継ぎのために最初にすべきことは自分の仕事を振り返ることです。基本的には引継ぎのためにマニュアルを作ることにはなるのですが、自分がしてきた仕事が分からずして他人に引き継がせることはできません。そうして振り返って作業の順序、気をつけるべきところを把握してそれで初めてマニュアル作ることができるようになります。

 ただマニュアルだけでは説明ができないという仕事もあるでしょう。その場合にはその後任者を相手に直接指導をしなければいけません。他にも直接会わないとできない会話というのもあるので、マニュアルだけで済む仕事であっても1回会話をしておくのが大事です。

 これらの作業はもちろん完全に完了するまでは通常の仕事と平行してやらなければならないので多大な時間を費やします。なので退職をすることが決まったその日から作業をして実際に退職する日までにまとめておくようにした方がいいです。

 もちろんこの引継ぎは後任者だけでなく上司とも話し合ってどうするかというのを決めます。その際には上司にあらかじめ退職するという意向を示す必要になるので、こちらも早めに上司に伝えておきましょう。

 他にも取引先を訪問して自分が退職するということを伝えると共に後任者を紹介するのも大事な仕事です。直接訪問できない場合にはメールで済ませます。他にも細かいこと等、全体的に言えることとしては「支障が出ない」ようにするのが円満退職をするための行動になるということです。

 - 円満退職の準備

  関連記事

これを押さえておくだけで印象の良い退社の挨拶になるでしょう

退社の挨拶で失敗しないためにしておきたいこと  退社の挨拶というのは、他の退社の …

入社の挨拶で重要なのは意外なところ?

オープンな態度を言葉で表現  転職という形で会社に入ってきた人を、元々いる社員た …

no image
何故円満退職を狙った方がいいのか

 50代ともなると長く会社に貢献してきたことになります。と、なればその会社から去 …

gf1950058451l
いつ退職するのがいいのか

 円満退職を考えるのならその退職をいつにすればいいのかというのも重要なポイントで …