50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

入室と退室の流れと要注意のポイント

   

部屋に入る時の流れとマナーを要確認

 面接が行われる部屋に入る時と出る時の流れを確認しておきましょう。まずは入室の流れです。ドアは軽めにノック。回数はいろいろと議論がありますが、3回であれば間違いありません。ドアを開けるのは、ノックに対する返事があってから。恐らく、「どうぞ」と声がかかるでしょう。

 ドアを開けたら、その場で「失礼致します」と言い、頭を下げます。部屋に入ったらドアを閉めますが、この時、必ずドアの方を向いて閉めるようにしましょう。ただ、面接官に完全に背中を向けるのも少し失礼。半身の状態がポイントです。

 ドアを閉めたら面接官の方を向き、「宜しくお願い致します」と声をかけ、頭を下げましょう。これが入室の流れとポイントです。

部屋を出る時の流れも知っておきましょう

 面接が終了したら、退室する前に、「本日はありがとうございました」などと一言言い、座ったままでいいので頭を下げてください。その後立ち上がり、椅子の横に移動したら、そこで頭を下げ、「失礼致します」と一言。ドアの方へ向かいますが、この時は面接官に背中を向けてしまっても構いません。ドアの前で振り返り、再び「失礼致します」の一言。もちろん頭も下げます。

 ドアの方を向き、ドアを開け、外に出、そこでも頭を下げてから、ドアを閉めましょう。入室と退室の流れやポイントは、こう言葉にすると非常に細かいものですが、練習すればさほど難しいものではありません。そう、練習あるのみです。

【関連記事】
話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー
よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう

 - 面接に備える

  関連記事

話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー

質問の内容をよく聞き、適切に答えることこそ一番気にしたいマナー  面接でのマナー …

よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう

現状と今後の予定  「現在の状況を教えていただけますか」という質問は、恐らく面接 …