50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

何故円満退職を狙った方がいいのか

   

 50代ともなると長く会社に貢献してきたことになります。と、なればその会社から去る時も余計なしがらみを残さずに円満退職で終わらせられるのがベストです。「終わりよければ全てよし」という言葉がありますが、退職においては終わりが気持ちければその後も清々しい気分で人生を送れるということにもなります。

 50代が仕事を探すとなると苦労することになります。そうなるとそれに屈しないためのメンタルも必要とされます。その時に前の会社に悔いを残して退職してしまえば、それを頭の中で引きずってしまい就職活動に身が入らないということにもなりえます。

社会的に不利になる

 またこうした精神面ではなく社会面としても円満退職ができなければ大きな影響が出ます。50代となれば会社側としては大きな戦力となっていることでしょう。その人がいなくなってしまえば当然会社側にも痛手となります。

 もしそれで納得ができない退職になってしまえばその会社との関係は険悪なものになってしまう可能性が高いです。当然のことながら激しく争い喧嘩別れに近い状態で退職するとなればなおのこと悪化してしまいます。

 そして会社で別の会社と取引してきた方なら分かりますが、こうした取引は信頼関係があってこそ成り立つものです。ということはそうして会社と険悪な関係のまま分かれてしまったら会社側があなたの悪い噂を流すという行為をすることがあるのです。そして悪い噂に留まらず何かしらの妨害を受けるということもありえます。そうなってしまえば今後の就職活動に悪影響が出るのは間違いないことです。そしてそれはかなりの致命的なものになる可能性もあります。

 「いい大人がそんな子供じみたような理由でいじめに近いことを」と思うかもしれませんが、長く仕事をしてきた方なら実際にそのような「子供」を見てきたのではないでしょうか?残念ながらこれに関しては今の日本では上手く立ち回るという方法を取るしかありません。

 一方で円満退職さえできれば、その後も就職活動のサポートをしてくれたり、別の仕事についた際にも快く友好な関係で働けるということを期待できます。よい・悪いどちらの意味も含めて今後のために円満退職をするように行動した方がいいのです。

 - 円満退職の準備

  関連記事

入社の挨拶で重要なのは意外なところ?

オープンな態度を言葉で表現  転職という形で会社に入ってきた人を、元々いる社員た …

no image
円満退職をするには

 会社側が退職をして困ると思うのはそうして抜けることでその抜けた穴を埋めなければ …

これを押さえておくだけで印象の良い退社の挨拶になるでしょう

退社の挨拶で失敗しないためにしておきたいこと  退社の挨拶というのは、他の退社の …

gf1950058451l
いつ退職するのがいいのか

 円満退職を考えるのならその退職をいつにすればいいのかというのも重要なポイントで …