50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

ネットで仕事をする

   

 何も仕事を探すだけなら直接働くだけでなく、ネットで仕事をもらって探すという方法があります。最近はクラウドソーシングを始めとしたマッチングサイトがあり、そこで仕事を依頼する側と受注する側で分かれていて、そこで受注する側として仕事を請けることができます。

狙うべき仕事は何か

 特に50代となれば様々なキャリアとスキルを学んで来ているはずなので、それを活用すればクライアントから仕事をもらうのも難しいことではありません。特にIT系統で働いていた場合にはシステム構築やサイト製作といった依頼を出しているクライアントもいて、それらは高額な報酬で設定されていることので、充分な収入を得ることが可能です。

 またIT系でなくとも、ライティング系列の仕事をする方法もいいことです。ライティングは文章を書いていく仕事ですので、文章を書くのが苦手な方は向いていないのかもしれませんが、それ以上にこうしたライティングは一定の専門知識を求めているところも存在します。もしその専門知識に該当するのならそうしたところでライティングの仕事を受け持つことができるのです。

 文章は苦手という人も書いていけばそのうち慣れてきますのでそこまで心配する必要はありません。ライティングをしたいと考えるのならそうした依頼をしているところを探していくといいです。

 このマッチング形式の仕事は年齢が問われないので、正に経験豊富な50代にはうってつけの仕事の形式ともいえます。スキルがあればあるほどできる幅も増えるので、これを機にスキルを増やすことを考えてみるのもいいことです。

ネットだからこその欠点

 ただ、この形式には難点があります。それはネットで顔が見えない状態で交流するということです。ということはクライアントによっては依頼して納品されたものを取得してそのまま逃げてしまうということがあります。サイトによってもそうならないように対策をしているところがありますが、全てのサイトがそういう対策ができているわけではありません。

 そのようなクライアントに当たってしまえば仕事をするだけ無駄になってしまうので、依頼をしてきたクライアントが本当に信頼できるところかどうか、他の人の口コミやネット上の情報を調べて判断するのがいいです。当然信頼関係を築くために自分自身も納期を厳守したりすることを忘れないようやっていくようにした方がいいです。

 - 仕事探しの進め方

  関連記事

gf0110046094l
いきなり正社員を狙わない

 50代ともなれば再就職するのが厳しい立場に晒されます。そうなれば仕事を探すこと …

af0060001249l
転職サイトに登録する

 ネットには多数の求人サイトがあり、正社員を目指している方なら転職サイトに登録す …

転職サイトの求人票に潜む注意ポイント

それぞれの転職サイトで異なる一押しポイント  転職サイトは、多くの求職者に使って …

いろいろな求人情報媒体があることを知らなければなりません

何かに特化した求人情報媒体の存在  どんな職種でも、それは専門職と言えるのかもし …

柔軟であらゆる事態に対応しながら行いたい仕事探し

仕事探しの過程で気が付いて欲しいこと  ただ仕事探しをするよりも、その過程で幾つ …