50代の仕事探しサポート|失敗しないための情報ガイド

*

よくある質問には事前の準備と心構えで対応しましょう

   

現状と今後の予定

 「現在の状況を教えていただけますか」という質問は、恐らく面接で多くの人が聞かれること(よくある質問)のひとつでしょう。転職者に対して現在の状況を聞いているということは、既に退職済みか、それともこれから退職するのかを知りたがっているわけです。もちろん正直に答えなければなりません。

 現在の状況を聞いたあとに聞かれること(よくある質問)は、今後の予定です。退職していないのであれば、どの時期に退職する予定なのか。退職している人も含め、いつから働き始めることができるのかについて、面接を受けた企業は知りたがっているはずです。

 面接を受ける前に、必ず現在の状況とこれからの予定を把握しておきましょう。

「~は大丈夫ですか?」「~はできますか?」という質問

 面接で聞かれること(よくある質問)には、幾つかのパターンがあります。そのひとつが、「〜は大丈夫ですか?」や「〜はできますか?」といった質問です。

 質問の具体的内容は、その企業や面接を受ける人間によって変わってきますが、このように聞かれたら、できるだけ「できます」と答えたいところ。技術的にどう考えても無理なら安易にこう答えることはできませんが、少し頑張れば、あるいは何かを我慢すれば可能であるなら、「できます」といった答え方にもっていく努力をしましょう。

 もしできないのであれば、その理由を添えておいてください。どうしようもない理由でなければ、その回答が、あなたを内定から極端に遠ざけることはないでしょう。

【関連記事】
話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー
入室と退室の流れと要注意のポイント

 - 面接に備える

  関連記事

入室と退室の流れと要注意のポイント

部屋に入る時の流れとマナーを要確認  面接が行われる部屋に入る時と出る時の流れを …

話を聞くこと・言葉を話すことに関するマナー

質問の内容をよく聞き、適切に答えることこそ一番気にしたいマナー  面接でのマナー …